司法書士に借金相談をしましょう。

借金相談をしたいと考えている方は司法書士に相談しましょう。借金には消滅時効期間があることをご存知の方も多いと思いますが、時効期間が経過しても、援用をしなくては借金は消滅しません。これはどういうことかというと時効の利益を受けるということを相手に伝えることです。

どのように行うかというと時効援用通知書を配達証明付きの内容証明郵便で郵送しなくてはいけません。また消滅時効期間が経過していても、消滅時効を主張することができなくなってしまうトラブルもあります。もう一度自分の借金を調べなおして、司法書士に相談してみましょう。