個人再生の流れと司法書士、弁護士に依頼するメリット

司法書士も弁護士も、どちらも法律の専門家ですが、弁護士が最高裁判所や家庭裁判所で代理権が認められているのに対し、司法書士には代理する権利が認められていないため、個人再生や自己破産で代理人となる資格がありません。
代理権がなくても、申立書の作成やサポートは可能ですが、裁判所での取り扱われ方は本人申し立てと代わりありません。

個人再生の手続きには、申し立てから認可決定まで約4~6ヶ月程かかります。再生計画通りに残りの借金を完済して、残りの債務が免除される流れとなります。
まず最初に申立書の作成を行い、収支や資産、住宅資金、債権者の一覧などの資料が必要になり、個人で進めていくのは複雑ですから、法律の専門家に依頼するなど、適宜検討するとよいでしょう。