交通事故弁護士による慰謝料の計算

交通事故による被害者に対する慰謝料は精神的苦痛に対する損害賠償金となりますので、幾つかの基準が定められていて、その基準を使って計算しています。
示談は裁判所を介さないで合意を取り付けることができる手軽な方法ではありますが、加害者が加入する保険会社が定めている基準で慰謝料を計算するため負った怪我などに見合わない金額が提示される可能性があります。
交通事故弁護士に示談交渉の代理人になってもらうと裁判を行わなくても裁判の判例に基づいた基準で慰謝料を割り出すため負った怪我に見合った慰謝料で合意を取り付けることができる可能性が高まります。