2次被害対策の交通事故弁護士とは

交通事故にあってけがをし、しばらくしてからむち打ちの症状が出てきた人は、これが2次被害の範囲の中にあります。この場合は専門の交通事故弁護士に相談してみたほうが賢明です。ご自分の保険会社の担当の弁護士でも慰謝料や治療請求はしてくれますが値段は個別で相談するより安くなる可能性があります。

なせ安くなるかというと個別で相談したものは裁判基準に基づいたものだからです。個別弁護士は依頼する側の立場に沿って代弁するのが基本的な立場です。これに対して保険会社は被害・加害どちらの請求にも応じなければならない立場にあるためなるべく無難な金額を提示することが多いのです。