慰謝料の増額は弁護士への交通事故相談で

交通事故では色々と優遇してもらえるはずの被害者が、何故か少ない慰謝料で納得しなければならないという事態が実際にあるのをご存じでしょうか。過失割合こそあるものの、自分は被害者だから損をすることはないと思っていると様々な交渉術で相手の弁護士に慰謝料の減額を迫られてしまいます。害者になったら、まずは交通事故相談を実施している弁護士に話を聞いてもらうことが大切です。場合によっては慰謝料の増額を狙えるケースもあります。また、こうした場合は相手の保険会社から支払われるので、遠慮をする必要はありません。交通事故相談をできるだけ多く経験している弁護士を探せるかがポイントとなります。