司法書士の自己破産における対応の限度額

司法書士に自己破産の相談をする場合には、いくつかの制限が有ります。その中でも意外と知られていないのが限度額の点です。司法書士は自己破産を含めた債務整理の案件に対し、借金と過払い金を含めた総額が140万円以下の案件に限り対応することができます。その為、その金額を超える場合には対応できないことになっているので注意が必要です。
通常自己破産をする場合には相応の金額の借金をか賭けてしまっていることが多いものです。その為、その大半が140万円を超える金額であることが多いほか、多くの場合には借金総額が分からないという場合も少なく有りません。この場合には司法書士は140万円を超えると判断して時点で対応できなくなるので注意が必要です。