司法書士なら請求時に契約書が不要な過払い

司法書士に過払い請求を依頼する場合に、契約書を無くしたとあきらめている人は多いと思いますが、これに付いては不要としている所が多いので安心です。

その理由は多くの場合、過払い請求の依頼を受けた司法書士はまず貸し金業者に対し、取引履歴の開示を請求します。この取引履歴の開示は法律で義務付けられており、貸金業者は請求があった場合には取引履歴を開示する義務が生じるので、基本的にはこの取引履歴でその内容を確認できます。

但し、既に営業を停止している貸金業者などに過払い請求を行う場合、業者によっては取引履歴を保管していないと主張する場合があります。その際には契約書が有ると取引開始時期を特定できるので便利な場合があります。