司法書士による自己破産手続きとは?

自己破産手続きの流れは、司法書士や弁護士に依頼すれば、債権者に通知を出して取り立てをやめさせ、必要な書類を用意して、裁判所に自己破産の申し立てをし、免責不可事由がなくて、支払不能と裁判所が認められれば、免責が確定し、すべての借金を返済する義務がなくなるのです。

免責不可事由とは、ギャンブルや収入に見合わない買い物など浪費とみなされることがら、ヤミ金に高額の金利を払うこと、株、FX、商品先物取引も免責不可事由になります。費用ですが、弁護士は20万円から50万円で、司法書士の自己破産費用は、15万円~30万円と言われ、司法書士に依頼した方が安く済みます。

多重債務の自己破産へつなげるために

自己破産を考えていく場合には、最終的に多重債務が確実に解消されるよう、最初から求めていく方法も大事になっています。ある程度わかっている方法を採用していくようにして、確実に終わらせられるような方法を取りたいからです。

多重債務の場合、本当に返済していくのは困難になってきて、とにかく払えない状況が続いていくのです。弁護士を利用していれば、返済しやすい方法を提案してくれる他、最悪の場合は自己破産でも対応できると伝えてくれます。実施できる方法をしっかりと考えてくれて、メリットを得られやすくなる良さも持っています。

多重債務だけで自己破産の決定は行わない

確かに多重債務の状態では、返済が困難となっていき、多くの人が辛いと感じてしまう傾向にあります。しかし辛いと感じている要素があったとしても、それだけで債務整理の自己破産という選択は取りづらいものです。大事なのは、弁護士と相談して最終的に決めるようにします。

弁護士が提示している情報が正しいかどうか検討しながら、自分が思っていることと違うなんて状況が起きている時、どちらを信用すべきなのか考えていくのです。簡単に破産できると思われても、多重債務の場合は後が辛いとされているので、簡単に行っていくというわけではありません。

債務整理の自己破産だと多重債務まで簡単に終わる

債務整理の自己破産を行っている場合には、多重債務だって簡単に解消されるようになり、金額的にも安心できる状況になっていきます。弁護士を利用していく場合には、どんどん金額的にプラスとなる部分が生まれるのです。

費用は自己破産を行う場合に必要なものだけ払っておけばいいですし、後から追加で要求されるような状況も起こりづらくなっています。金額的にも安心できるようなイメージを持ちやすくなっているなど、良さを感じられるところが多くなっています。弁護士を活用しているなら、交渉自体もスムーズに終わるので、多重債務でも安心です。

債務整理、自己破産の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041