司法書士による自己破産手続きとは?

自己破産手続きの流れは、司法書士や弁護士に依頼すれば、債権者に通知を出して取り立てをやめさせ、必要な書類を用意して、裁判所に自己破産の申し立てをし、免責不可事由がなくて、支払不能と裁判所が認められれば、免責が確定し、すべての借金を返済する義務がなくなるのです。

免責不可事由とは、ギャンブルや収入に見合わない買い物など浪費とみなされることがら、ヤミ金に高額の金利を払うこと、株、FX、商品先物取引も免責不可事由になります。費用ですが、弁護士は20万円から50万円で、司法書士の自己破産費用は、15万円~30万円と言われ、司法書士に依頼した方が安く済みます。