司法書士にも過払い債務の相談が出来る

司法書士とは本来不動産や会社の登記などを行う専門家です。しかし過払い金の返金を求める金額が140万円以下の場合は、債務整理を司法書士に依頼することも出来ます。過払い金とは、債務を抱えた人がこれまでに利息制限法の上限を上回る額の利息を貸し金業者に払ってしまっていた場合のお金のことです。これは手続きを踏めば誰でも返金してもらえるお金です。

しかし専門の知識もなく貸金業者とやりとりするのはとても不安です。しかし司法書士のような専門家に依頼すれば、それ以降は彼らが窓口となってくれ、返済途中でもいったんストップすることが出来ます。過払い金返還は10年で時効となるため、思い立ったら早めに相談に相談するのがよいでしょう。