交通事故慰謝料の受取人

交通事故の被害者は、加害者に対して交通事故慰謝料を請求することができます。そのため、基本的に受取人は被害者となります。しかし、もし被害者が死亡した場合には、その慰謝料請求権が遺族に相続されるため、遺族が受け取ることとなります。

また、民法上、被害者が死亡したり、重大な後遺症を負った場合には、遺族固有の慰謝料請求権も認められていますので、その場合は、両方の交通事故慰謝料を加害者に請求できることとなります。慰謝料請求をする時には、具体的な額を算定しなければなりませんので、いずれの慰謝料を請求するにも、弁護士を活用しましょう。