交通事故慰謝料の受取人

交通事故の被害者は、加害者に対して交通事故慰謝料を請求することができます。そのため、基本的に受取人は被害者となります。しかし、もし被害者が死亡した場合には、その慰謝料請求権が遺族に相続されるため、遺族が受け取ることとなります。

また、民法上、被害者が死亡したり、重大な後遺症を負った場合には、遺族固有の慰謝料請求権も認められていますので、その場合は、両方の交通事故慰謝料を加害者に請求できることとなります。慰謝料請求をする時には、具体的な額を算定しなければなりませんので、いずれの慰謝料を請求するにも、弁護士を活用しましょう。

交通事故慰謝料の事例はかなり複雑に

かなり複雑な事情を持っている傾向もありますので、もしかしたら交通事故慰謝料が大幅に変わってしまう可能性もあります。全ての問題をしっかり解決していかないことには、大きな失敗を起こす可能性もありますので、事例をチェックして行動しているのです。

交通事故慰謝料を増やしてくれる要素があるのか、それとも減らしてしまう要素があるのかによって、かなり違いは出てきます。金額に満足できない場合は、おそらく事例による判断でかなり減らされている可能性があります。金額を増やせるようにする方法も検討して、訴訟なども判断してください。

事例が多いと交通事故慰謝料もすぐ判断できる

事例の多さによって、交通事故慰謝料もわかりやすくなっていき、大体の金額が把握できるようになってきます。金額が多いと感じられているようなら、それは事例によって大きな支払いをしなければならない環境となっているので、仕方ないと判断して支払いを行ってください。

意外と小さい場合は、交通事故慰謝料を多く支払わなくても良いメリットを持っている反面、受け取る側としては納得できない状況になっています。本当に問題ないのかチェックしながら、このまま支払ってもいいか考えていくことも大事です。色々な方針によって、金額を変えるチャンスはあります。

計画で事例を見て交通事故慰謝料を増やす

計画的に考えていかないと、交通事故慰謝料を増加させることが難しくなってしまい、あまりいい状況になりません。増やせない要因としては、交通事故慰謝料が結構事例によって左右されてしまい、減らされる可能性も持っているからです。

金額が減らされてしまうと、求めていた数字に達しないままとなり、あまりいい状況にならないのです。もっと安心できる状況を作りたいと感じたり、考えている金額に合わせられるようにするなら、弁護士と考えていくようにしてください。もしかしたら、何かの要因で増やせるチャンスがあり、金額面で有効な手立てがわかります。

交通事故は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号